ueのブログ Hello Another World! のまとめサイトです。
*.wankuma.com/* の条件で わんくま同盟 を丸ごとググれます

本屋はじめました

自己紹介

上本亮介 うえもとりょうすけ (ue)

Hello Another World! というブログをやっています。
ブログで発信した情報を本サイトでまとめています。

サイト名のプラス記号には単なる静的サイト以上のことができたらいいなという思いを込めていますが、はたして。

2006年の7月に Microsoft MVP を受賞しました。MSMVP
Microsoft MVP for Microsoft Office System - Microsoft Office System (jul 2006 - jun 2007)

リンク

わんくま同盟

VSTO 2005 で Office ドキュメントを拡張する

概要

VSTO 2005 (Visual Studio 2005 Tools for the Microsoft Office System) というテクノロジがあります。

特徴は Word や Excel、Infopath、Outlook といった Office 2003 製品を .NET の技術で拡張できることです。
たとえば、Word や Excel に .NET のコントロールを貼り付けたり C# や VB.net でプログラムを書いたりできます。
つまり、VSTO を用いることで .NET アプリケーションの UI として Office を活用することができます。

さて、現在のところ Office のプログラミング環境は VBA (VisualBasic for Applications) が主流です。
VSTO は VBA よりも新しい世代の技術ですが、.NET の流儀は VBA のそれよりも複雑です。
使い捨てのマクロを作成するといった用途であれば VSTO を利用するよりも今まで通り VBA を利用するほうが生産性が高い場合もあります。

しかし、複雑な開発プロジェクトであれば .NET Framework のクラスライブラリを利用することで生産性が高まるのは間違いないですし、コードの量が増えてくれば VBE (Visual Basic Editor) という貧弱な開発環境の代わりに Visual Studio を利用できることの有り難みが身にしみて分かります。

この記事では VSTO 2005 を利用して Office のドキュメントを拡張する方法を紹介します。

環境

ソフトウェア

Word 2003 を拡張する